top of page

心地よく、深く刺さる曲

藤井風の新曲「満ちてゆく」が素晴らしくて、朝から泣いた。

無駄なく美しいメロディ。それブレス混じりの歌声。時には優しく、時には儚く。そして、サビの

「手を離す、軽くなる、満ちてゆく、、、」

の意味。

難しい言葉、一つも使わずに、人として尊い精神を書き上げ、歌い上げる26歳。精神年齢幾つなの?練り込まれたキメの細かさ。

MVは物語り仕立てで、セリフのひとつもなく、ある「老人」の一生を描いている。

聞き終わると、映画を見た様な満足感があった。見るたびに、「気づき」があって何度も見たくなる。そんな作品だった。

本当に、ありがたい自己愛からの愛に満ちた一曲。

間違いなく、藤井風は音楽に愛し愛された、アーティスト。神様、彼を連れて行かないで欲しい。長生きして歌い続けて欲しい。


写真は、自然木の絵画を撮ったつもり。わかるかなぁ。

藤井風「満ちてゆく」MV ↓



閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page